ED治療で治してみせる!

EDは病院でも治療できますが、恥ずかしくてどうすればいいのか悩んでいる人も多いかと思います。今ではEDを治す治療薬はネット通販で購入できます。誰にも知られなく治療ができるので、あなたもEDにお悩みなら通販で購入してみませんか?

ED治療薬を調べている男女の画像

ED治療薬にはどんな種類があるの?

世界で初めてED治療薬として登場したバイアグラは有名かもしれません。その後、レビトラやシアリスがED治療薬として登場しましたが、これらは何か違いがあるのでしょうか。

まずバイアグラは世界で初めてEDで悩む人の光となった薬ですが、糖尿病患者の場合ですと効果を実感することが出来なかったり、食事をすると効果が半減する場合があります。それでも世界初、という信頼があるため今でも根強い人気があります。また成分はシルデナフィルというもので、性行為の約30分前に服用すれば本番はバッチリ効果が期待できます。シルデナフィルは安く手に入る為、初めて治療薬を使う方は有名なこの薬から始める方も多いのです。

次にレビトラですが、こちらはバイアグラの欠点ともいえる食事の影響を受ける点を改良したED治療薬です。空腹時に服用もしくは食後2時間程度経過した後に服用し、カロリーが低く脂分の少ない食事や少量のアルコールであれば影響を受けにくく、性交渉に臨むことが出来ます。また糖尿病患者でも効果を実感することが出来たり、バイアグラで効果を実感できなかった人もレビトラで満足のいく性交渉をすることが出来たというほど、その効果は高いことが分かります。これがレビトラの人気の秘密です。

最後にシアリスですが、上記2つは効果の持続時間が5~10時間ですが、シアリスは24~36時間と非常に長い時間で作用します。効果が緩やかに効いてくるシアリスは別名ウィークエンドピルと呼ばれており、金曜日の夜に服用すれば日曜日まで効果が持続することが出来ます。緩やかな効き目の分だけ比較的軽度のED治療で使われる傾向にありますが、レビトラ同様に食事の影響を受けにくいこともあり、人気があります。また、シアリスのジェネリック医薬品でタダリスがあります。シアリスと同じ効果があり、タダリスSXは男性の悩みを解決します

いずれのED治療薬を使用するのかは病院で医師と相談することが必要です。自分のEDの状態にあった種類を選ぶことも大切ですが、服用してはいけない禁忌薬や副作用の説明などを聞くことは安全に使用するためには重要なことです。ベストなED治療薬を選択しましょう。

ED治療薬の本物と偽者の見分け方

ED治療薬には、偽物も多く出回っております。多くの偽物は、中国やインドなどで大量に生産されており、劣悪なものもありますが、本物と見分けが付かないくらい精巧に作られているものもあり、見分けるのはとても困難です。ただし、それぞれED治療薬によって偽物と本物との見分け方が存在します。

有名なバイアグラは本物の場合、ボトルの蓋の色が本物は裏側が白ですが、偽物の場合いは黄色く変色しております。そして、錠剤は、偽物の場合もろく指で簡単に割れることが多く、本物の場合には、非常に固く指で割ることは難しいです。コップに入れて溶かす方法もあります。本物の場合、ブルーの部分がはがれていき、中は白いため、中まで青いという場合には偽物です。

シリアスの場合には、シリアスは20mgしか扱わないため、C20と刻印があり、錠剤の色は黄色く、水滴なような形をしております。C50やC100という刻印がされたものは偽物です。価格にも違いがあり、本物の場合1錠1500円ほどですが、偽物の場合には3錠で1500円ほどとなります。
プロペシアは、本物の場合識別コードに「MSD22」「MSD115」などの記載があり、錠剤の梱包シートにもMSDの記載の記載があります。
本物の場合、認可された病院からしか処方されないため、安すぎる場合にも注意が必要です。
錠剤は円形で薄い赤色をしておりますが、形状が六角だったり、茶色などの色だったりした場合には偽物です。
ED治療を成功させるためには、個人輸入などではなく、正規に病院などで処方してもらうことが大切です。
偽物のED治療薬を購入して飲んでしまった場合には、不純物が多く含まれており危険であったり、効果がないだけではなく命の危険性もあります。
本物や偽物がさまざま出回っているED治療薬について不安に思う方も多いと思いますので、あくまで個人輸入で購入するのは自己責任になってしまいます。確実に安全にEDを治療するなら病院に行きましょう。専門のクリニックなども今では全国に数多くありますので、医師に安全な薬を処方してもらうこともおすすめです。

ED治療は薬以外方法はある?

EDの治療法と言えば、バイアグラやレビトラの様なED治療薬を服用することで勃起するという目的を多くの人が達成することが出来ますが、ED治療薬を服用する以外にも治療方法はあります。

例えば陰部への注射があります。これは最も効果的だと言われていますが、陰部に直接注射を打つ、という行為が二の足を踏ませてしまいがちな治療方法と言えます。しかしED治療薬で効果がなかった人や病気の様な何らかの事情でED治療薬を服用できない人がすぐにでも性交渉をしたいと考えるのであれば、この方法が適していると言えます。他に根本的な治療を目指すのであれば、EDになった原因を探る必要があります。例えばストレスが原因であるならば、そのストレスを回避したり問題を解決したりする必要がありますし、栄養不足や運動不足といった生活習慣が原因であるならば生活習慣病を見直す必要があります。また高血圧や低血圧の様に血行不良が起こる場合でもEDは引き起こされるので、こちらも生活習慣を見直す必要があります。特にセックスミネラルと呼ばれる亜鉛は精子の運動量を活発化させる作用があり、山芋に含まれるムチンは精力アップに効果があるため、これら栄養素を食生活の中で意識して食べると効果を期待することが出来るかもしれません。

EDは個人によって原因が様々なため、他の人で成功した方法が必ずしも自分に効果があるとは限りません。根本的な治療を目指すのであれば原因を医師と共に探ったり、性交渉において自信を取り戻してED回復を目指すのであれば、ED治療薬や陰部への注射も効果があります。今現在、自分がどのようにEDを克服したいのか、という考えがその後の治療を決めると言っても過言ではないかもしれません。