EDは病院でも治療できますが、恥ずかしくてどうすればいいのか悩んでいる人も多いかと思います。今ではEDを治す治療薬はネット通販で購入できます。誰にも知られなく治療ができるので、あなたもEDにお悩みなら通販で購入してみませんか?

ED治療薬を調べている男女の画像

2017年05月の記事一覧

ED治療は自己責任ですが、克服できることもできます

ED治療に欠かせないのがバイアグラという薬です。この薬は現在の日本で最もEDを治療するためのポピュラーな薬となっています。この薬を飲むと、陰茎の海綿体が膨張し、陰茎が固くなり、勃起するという機序を持っています。しかし、バイアグラはドラッグストアなどで買うことはできません。手に入れるためには、医師の処方せんが必要になっていきます。どの医者に行けば良いのかというと、一番は泌尿器科です。この科は陰茎などを扱う専門の科だからです。医師には、最近勃起しないと伝えればよいだけです。大抵の場合それだけで、薬を出してくれます。この薬の副作用は少し頭痛がするなどありますが、症状がでることは稀です。基本的にはあまり副作用のない薬であると言ってよいでしょう。しかし、値段は若干高めです。一か月の料金は、約7500円ほどかかります。これは保険がきかないからです。しかし、バイアグラを飲めば、EDは克服できると言ってよいでしょう。それほど効果の高い薬になっています。また、医者に行くのが面倒だという方は、個人輸入をしてバイアグラを手に入れるという方法もあります。これは、バイアグラのジェネリック医薬品であるレビトラという薬を手に入れるために重要なことです。個人輸入は医師の診断がないので、効果のほどや副作用などの心配があるので、すべて自己責任ですが、安く手に入れることができるので人気です。

バイアグラ以外にも、市販の薬で、EDを治療することは可能です。例えば、マックスオムなどの薬があります。これは、勃起を促す、アルギニンという成分が多数含まれており、勃起をさせることができる薬です値段もバイアグラとは違い、一か月1980円で済みます。また、カプセルタイプなので、味もせず非常に飲みやすくなっています。

続きを読む

ED治療薬を通信販売で購入の場合は評判の良い業者を

ED治療薬を購入する場合は、クリニックから処方してもらうことが挙げられますが、クリニックで購入すると1錠あたり1,300から2,000円程度かかるため長期的に使用することを考えると大きな負担になります。その負担を減らすためにインターネットを利用し薬の通信販売から購入する方法もあります。
薬の通信販売を利用する場合は処方せんなしでも購入することが出来、更に輸入品を購入するためクリニックよりも安く購入することが出来ます。しかし気になるのは輸入品は正規品であるかどうかです。悪質な業者の場合、正規の販売ルートがないため偽物を輸入してしまう可能性があります。偽物のED治療薬はサプリメントやでたらめに製造したED治療薬もどきの場合があり、サプリメントであれば健康に害を与える心配は少ないですが、ED治療薬もどきの場合はでたらめ薬の配合のため最悪の状態では命にかかわる可能性も否定することが出来ません。そのため正規の販売ルートを持っているような薬の通信販売業者から購入することが重要になります。
では何を基準にして選べば良いのか、と言えば口コミから読み取れる評判は判断材料になります。口コミでは商品を購入した際の良し悪しが書かれているので、良い評価だけでなく悪い評価も調べると良いでしょう。悪い評価に効果を実感することが出来なかった、という内容が多く書かれているのであれば正規の販売ルートを持っていないと考えられますし、対応が悪かった、という内容であれば商品の問題ではなく運営する側の問題であることが分かります。
負担を減らすためにもED治療薬を薬の通信販売から購入する前に必ず業者の評判を調べ、購入するにあたって問題がないかを確認しておきましょう。

続きを読む

EDの原因を知り漢方薬などでED治療

EDに悩む男性も近年、増加傾向にあります。飲酒や喫煙、また肥満体型などの場合には、EDになりやすい傾向もあり、その他にも、生活習慣の乱れやストレスなどといった原因があげられます。
EDを改善、または治療をしたい場合には、この原因と考えられる習慣などを改善していくことが重要です。医療機関で治療をせずとも、それである程度改善が見られる場合もあるため、まずは自分でできることから始めるといいでしょう。勃起などに影響するのは、血液などの流れです。そのため、血行不良に陥ると、勃起などの持続力やまた、しっかりと勃起できない状態になることもあると考えられているため、血流の改善をしていくことが大切です。運動不足などの場合には、血流の悪化につながるため、適度な運動をする習慣を身に着けることも大切です。また、肥満の方などは、血液の糖などが多く含まれるため、これも血流悪化につながることもあります。そのため、生活習慣病などの予防のため、生活習慣の改善をしていくこともED対策になるでしょう。
また、精神的なストレスなどによっても、EDの原因になることもあるため、生活を一度見直して、ストレスが溜まり易い生活環境ならば、工夫をして、ストレスを解消していくことも対策の一つになります。
自身で改善できる点を改善しても、症状がかわらない、また悪化してしまうような場合には、医療機関で適切な治療を受けることも大切です。専門の医師によるED治療ならば、早期回復が見込めるかもしれません。
それ以外に、対策をするならば、漢方薬などに頼るのも有効な手段といえるでしょう。さまざまな対策をして、それほど効果が得られない場合には、漢方に頼ってみるのも一つの手段です。

続きを読む

亜鉛成分とED治療薬で、EDと早漏を乗り越える

成人男性の2大コンプレックスと言えば、EDと早漏です。
他人には絶対に知られたくない体調不良であり、特にガールフレンドにはバレたくない問題になります。
性に関わるコンプレックスはおいそれと周囲の人々に打ち明けられません。
更に両者とも時間経過で自然回復する問題では無いため、多くの成人男性が独りで悩みを抱え込んでしまっています。
ただ、工夫次第で個人でも2大コンプレックスを解決する道があります。

まず、軽症なEDであれば精力の源である亜鉛成分の摂取で治る可能性がありますので、
亜鉛成分が多い食材やサプリメントをどんどん食べていきましょう。
貝類や肉類には豊富な亜鉛が含まれており、言わば天然の精力剤です。
自炊が苦手な方なら亜鉛のサプリメントがオススメです。定価がリーズナブルで、またネット通販やドラッグストアで買えますので、簡単に入手可能、毎日コツコツと飲む事で軽症なEDとそれによって誘発された早漏が治ります。

ただ、亜鉛の摂取で問題解決が図れるのは軽症以下のEDと早漏に限られますので、
既に長い月日にわたって苦しんでいる方は、素直に海外製医薬品のED治療薬のお世話になった方が賢明でしょう。
ED治療薬は街の泌尿器やメンズクリニックにて処方されます。
成人を超えた男性であれば、特別な資格が無くても処方してもらえますし、有名ブランドのED治療薬がとても簡単に入手出来ますので、あれこれ考えこむよりも、一度使ってみましょう。

処方されたED治療薬は、セックスを行う当日、それも性行為の直前に飲まなければいけません。
前もって飲んでおくタイプのお薬ではありませんから、お外でデートした後、いわゆるラブホテルでセックスするのが習慣化している男性は必ずED治療薬を携帯しましょう。
ED治療薬の薬効は基本的にペニスの勃起支援ですが、早漏を予防する効果もある程度ありますので、正しく服用すれば射精時間の延長が望めます。

続きを読む

ED予防とED治療薬の服用による湿疹の対応について

EDを予防するためには適度な運動によって筋肉を身に着け血行を良くしたり、亜鉛やムチンの様な生殖機能を高めるような食事を取り入れたりバランスの良い食事などの食生活の見直し、ストレスの排除や発散などが効果的だとされています。特に高血圧や糖尿病はEDになりやすい傾向にあるので、食生活や運動はED予防の1つのポイントとも言えます。しかし生活習慣を見直してもEDになる場合もあり、その時にはED治療薬を服用することで効果的に改善することが出来ます。
ED治療薬で有名なのはバイアグラやレビトラ、シアリスですが、これらを服用することで必ず勃起するとは限りませんが、性的興奮を受ければ高確率で勃起を促すことが出来ます。そして身体に直接作用する薬なので、どうしても体との相性が関係し、頭痛や目の充血等の副作用を強く感じたり全く感じない、ということも影響してきます。しからしこの様な副作用は一時的なものであり時間の経過と共に治まれば、重大な副作用とは異なります。しかしED治療薬を服用し、身体に湿疹が出た場合は服用を中止し、医療機関で受診をしましょう。薬を飲んだ時に蕁麻疹や湿疹が出た場合、アレルギー反応の可能性があります。アレルギー反応の場合はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があり、最悪の状態では命に関わる可能性も否定することが出来ません。そのため自己判断で使用の有無を決めるのではなく、病院を受診し、医師に相談する必要があるので注意して下さい。
ED治療薬に限らず、薬の服用に関しては服用に関する注意があります。それは他の薬の飲み合わせであったり注意が必要な副作用であったりと様々ですが、安全に使用するためにも使用の有無を含めた判断は必ず医師にしてもらいましょう。

続きを読む

ED治療に効果的なタダリスSXで勃起不足を解消

タダリスSXはシアリスのジェネリックで、非常に安く購入できるのが魅力です。
勃起力不足を解消するためには、コンプレックスを解消していくことが先決となります。
コンプレックスを感じている以上、性欲を感じても思うようにペニスが大きくならないことがあります。
ED治療に欠かせないのは自信の回復であり、EDを放置しておくことはコンプレックスを増進してしまうだけです。
放置して治るなら最高ですが、実際は対策をしないと今よりよくはなりません。

タダリスSXが評価されている理由には、シアリスの持続時間がそのまま残っていることにあります。
ジェネリックは効果が弱いと考えている方もいますが、そうした思い込みを払拭してから服用することで効果が高まるのです。
思い込みによって本当に効き目が悪くなるのは、薬の世界ではよくあることです。
ED治療の基本となるのは、何よりも自信を回復していくことです。
そのためには勃起力減退を改善し、SEXを成功させて自信を持つことでしょう。
SEXに失敗してコンプレックスを抱えてしまうと、SEXから逃げたくなってしまう男性は多いはずです。
しかし、逃げれば逃げるほどコンプレックスは増幅し、やがてセックスレスになりかねません。

勃起力不足が気になってきたら、早めにED治療を開始しましょう。
治療が早いほどEDを重症化させず、早期の改善が可能となるのです。
コンプレックス以外の原因には血行不良、慢性疲労などもありますから、これらの症状も同時に解消していきましょう。
タダリスSXを服用しつつ生活を改善し、少しずつ薬の用量を減らしていきたいものです。
最終的に薬物治療をすることなく、勃起力を発揮できる状態まで導きましょう。

続きを読む

ED治療:世代別:チェックリストに関して

EDに関しては、世代別にも「ED」になってしまった理由がさまざまである、とされています。

主に思春期、つまり10代から20代前半の頃は異性に対する興味が、人一倍の時期であり、健全な男性であれば「早く初体験をしてみたい」と女性をとても意識する年代となっています。
しかし、一方で、「女性から嫌われることが怖い」という恐怖心なども人一倍の時期であり、故に「思春期」とも呼ばれています。

後から考えればなんということはない、このようなことでも真剣に悩んでしまい、「万が一の時に性交渉が出来なかったらどうしよう」という焦り、そして「他の男友達が体験しているのに自分だけは体験していない」という苛立ちなどが、よりEDに拍車をかけてしまっている、とされています。
そのため、ED治療を行う際には、「安心感」が必要になるため、まずは「信頼できる優しい女性」とのお付き合いを真剣に行う、などEDに対して差別意識がない女性を想像し、癒しの気分を味わうことで、だいぶ苛立ちや焦りなどは抑えられる、とされています。

ちなみに、30代頃になれば、AVなどをとてもたくさん見るようになっているため、そのせいでかえって、EDになってしまうことがある、とされています。これは、AVの方が簡単であり、実際の性交渉の方が、相手に対して気を遣うため、EDになりやすい、とされているためです。またこれは40代の男性にも言えます。
一方で、本当にEDであるのかどうか、ED治療が必要であるのかどうかに関しては、チェックリストで自分が該当するのかどうかを確認する方法がベストです。
このチェックリストに関しては、インターネットなどに掲載されている他、「いざという時に勃起が出来ないのか」それとも「その他の時には可能なのか」という点などで、チェックを行うことが出来ます。

続きを読む