EDは病院でも治療できますが、恥ずかしくてどうすればいいのか悩んでいる人も多いかと思います。今ではEDを治す治療薬はネット通販で購入できます。誰にも知られなく治療ができるので、あなたもEDにお悩みなら通販で購入してみませんか?

ED治療薬を調べている男女の画像

ED治療:世代別:チェックリストに関して

EDに関しては、世代別にも「ED」になってしまった理由がさまざまである、とされています。

主に思春期、つまり10代から20代前半の頃は異性に対する興味が、人一倍の時期であり、健全な男性であれば「早く初体験をしてみたい」と女性をとても意識する年代となっています。
しかし、一方で、「女性から嫌われることが怖い」という恐怖心なども人一倍の時期であり、故に「思春期」とも呼ばれています。

後から考えればなんということはない、このようなことでも真剣に悩んでしまい、「万が一の時に性交渉が出来なかったらどうしよう」という焦り、そして「他の男友達が体験しているのに自分だけは体験していない」という苛立ちなどが、よりEDに拍車をかけてしまっている、とされています。
そのため、ED治療を行う際には、「安心感」が必要になるため、まずは「信頼できる優しい女性」とのお付き合いを真剣に行う、などEDに対して差別意識がない女性を想像し、癒しの気分を味わうことで、だいぶ苛立ちや焦りなどは抑えられる、とされています。

ちなみに、30代頃になれば、AVなどをとてもたくさん見るようになっているため、そのせいでかえって、EDになってしまうことがある、とされています。これは、AVの方が簡単であり、実際の性交渉の方が、相手に対して気を遣うため、EDになりやすい、とされているためです。またこれは40代の男性にも言えます。
一方で、本当にEDであるのかどうか、ED治療が必要であるのかどうかに関しては、チェックリストで自分が該当するのかどうかを確認する方法がベストです。
このチェックリストに関しては、インターネットなどに掲載されている他、「いざという時に勃起が出来ないのか」それとも「その他の時には可能なのか」という点などで、チェックを行うことが出来ます。